井川遥になれるメイク方法完全解説

井川遥になれるメイク方法完全解説


井川遥画像1
▲癒し系アイドルから大人の女性に転身して再ブレイク

井川遥画像2

井川遥画像3
▲現在も多くのCMオファーが殺到中の彼女


▲井川遥 サントリーウイスキー角瓶『いらっしゃいませ』篇


プロフィール:井川遥とは?

1976年6月29日生まれの現在39歳。


すっかり大女優のイメージが定着した現在ではピンとこない方もいるかもしれませんが、デビュー当時は雑誌クラビアを中心に活躍しており、彼女はその後モデルを経て女優に転身しています。


井川遥の過去のグラビア画像
▲以前はグラビアアイドルとして大人気でした

以前は、飯島直子さんや本上まなみさんなどの括りである「癒し系アイドル」の1人として活躍しておりましたが、「癒し系ブーム終焉」と共にメディアへの露出も落ち着いていましたが、最近また「大人カワイイ女性」として再ブレイク。


2015年9月6日現在では、サントリー角ハイボール、au、アサヒディアナチュラ、日産ekワゴンなど、などなど様々なCMの出演歴があります。



プライベートでは、家電メーカー大手「パイオニア」創業者の「松本望」を祖父に、元会長である「松本冠也」を父に持つ、ファッションブランド「アトウ」の創業者でありデザイナーでもある「松本与(現在51歳)」氏と結婚しており、2009年6月28日に第一子となる女児を、2012年7月25日に男児を出産している二児の母でもあります。



今回は、そんな年齢と共にますます綺麗になっていく井川遥さんの美しさの秘訣を知りたくて、「井川遥のメイク方法完全解説」としてまとめてみました。



井川遥さんに少しでも近づけるメイク方法を順に解説していきたいと思います。



井川遥さんの顔の大きな特徴として、

「透明感のある健康的な肌」
「クールな目元」
「ポッテリとしたセクシーなリップ」


の3つが上げられます。



特に「肌の美肌感」は、彼女を真似るのには絶対に必須条件なので、今回のメイク方法と合わせて当ブログのまとめ記事【芸能人のスキンケアまとめ完全解説】を参考に、是非この機会に最高の美肌を手にいれてください。




井川遥さんのような美肌を作るベースメイク編



井川遥顔アップ画像
▲透明感のある井川遥さんの美肌をメイクで作ろう

井川遥さんのような透明感の高いベースメイクを作るには、厚塗りに気をつけ最小限に留める事がとても重要です。



その方法は、美容部員経験者でもある【吉瀬美智子さんのメイク方法】がとても参考になります。


吉瀬美智子画像
▲井川遥風メイクをするのに、リキッドファンデを混ぜて最小限のベースメイクを作る吉瀬美智子さんのメイク方法がとても参考になります

最初に、顔全体にリキッドファンデーションをとにかく薄く伸ばします。この時点でシミを消す必要はなく、それより塗りムラが無いようしっかりとぼかす事が重要です。



使用するリキッドファンデは、とにかく薄付きでよく伸びると多くの芸能人に支持されている【RMK リクイドファンデーション】が圧倒的にオススメです。



RMKのリキッドファンデ画像
▲伸びがよく、薄付きなリキッドファンデがおすすめ
(画像はRMKのリキッドファンデ)


次に、今塗ったリキッドファンデより、ワントーン明るいクリームファンデを、ハイライト&シミを隠すのを目的に気持ち厚めに使用していきます。


井川遥さんのような透明感のある肌を作るのに、とにかく重要なのがこのハイライトの使い方です。


安室奈美恵画像
▲シェーディングで立体感を作る安室奈美恵のメイク

安室奈美恵になれるメイク方法】ではシェーディングに重きを置き、ハイライトはポイントで使う小顔メイクの方法を解説しましたが、今回は逆にハイライトを優先的に使用して、シェーディングは補足的に使う方針でメイクをしていきます。



井川遥さんの肌の透明感はハイライトで作る


ハイライトを入れる箇所は、Tゾーン、Cゾーン、顎先と、基本通りなのですが、井川遥さんの様な透明感を作るのに1番重要な箇所は、Cゾーンの先端、つまり目の下になります。


目の下からこめかみまでを緩やかなカーブでハイライトを入れる箇所を表したイラスト画像
▲Cゾーンが特に重要

目のすぐ下から、頬骨の上までの帯状のゾーンを、それぞれこめかみに向かって外側にブラシを動かす事で、肌の透明感と立体感を同時に作ります。



また、おでこの下がわ中央と、鼻筋のTゾーンに軽くハイライトを入れる事で、井川遥さんの様なスッと通った鼻筋を作ることができます。



最後に、顎先にチョンとハイライトを置けば立体感のある美人顏を作ることができます。


井川遥風ベースメイク:ハイライトを入れる全ての箇所(Tゾーン、Cゾーン、顎先)を表したイラスト画像
▲ハイライトを入れる全ての箇所はココ

ここまでで消えていないシミがある場合は、クリームファンデを筆にとって、コンシーラーがわりに一つづつ消していきましょう。



このように、ベースメイクはハイライトも含めて、最小限に抑える事が「透明感のある肌を作る」のにとても重要なのです。




シェーディングは大きめのブラシを使おう


シェーディングの位置が分かりやすい井川遥画像
▲小顔でシャープな印象が強い井川遥さんのフェイスライン


小顔効果が期待できるシェーディングも、ハイライトと同様セオリー通り基本箇所に入れていくことになりますが、こちらはハイライトとの差が極端になり過ぎないように注意して最小限に留めておいてください。


シェーディングを行う際の基本的な方法として気をつけなければならないのは、

「必ず【大きめのブラシ】を使う。」

「余分な粉を払い落とすなどしてつけ過ぎない。」

「暗い方から明るい方へブラシを動かす」

の三点です。



熊野化粧筆画像
▲プロメイクさん御用達の熊野化粧筆が超おすすめ


シェーディングを入れる基本となる箇所は、輪郭を調整する為の「こめかみから顎に向けてのフェイスライン」、鼻筋を高くするための「眉頭のすぐ下から目頭に向かってのライン」、の2つです。


井川遥風メイクで入れるべきシェーディングの位置を表したイラスト画像
▲シェーディングを入れる箇所

また、顔が面長な方は、額の生え際と顎の下に薄くいれるのも良いでしょう。


いずれにおいても、入っているかどうか分からない程度で影を作ることが重要です。くれぐれもやり過ぎてデーモン閣下の様にならないように気をつけましょう。


シェーディング失敗画像(デーモン閣下)
▲シェーディング失敗例



大人チークで健康的な肌を演出


笑顔の井川遥画像
▲健康的で印象的な笑顔を作るチーク


井川遥さんのような健康的な美しさを作るのに、チークの使い方はとても重要です。



しかし、入れ方を間違えてしまうと、途端に子供っぽくなってしまい大人っぽいセクシーさからはかけ離れてしまいます。


ここでは、健康的で大人っぽい印象を得られる、チークの色選びと入れ方を解説していきます。



カラーは血色の良くなるサーモンピンク
ANNA SUIのローズチーク画像
▲チークはサーモンピンクがオススメ
ANNA SUIのローズチーク

チークカラーは、肌馴染みの良いコーラルベージュなどを選びがちですが、多少浮くくらいのサーモンピンクを選んだ方が井川遥さんのような、健康的で血色の良い肌を演出することができます。



製品としては、こじはるも愛用している【M・A・C/パウダー ブラッシュ PINK SWOON】や、【ANNA SUIのローズチーク】等が発色もキレイで持ち良く、使用者のクチコミ評価もとても高いのでオススメです。



ですので、特に入れすぎに注意しなければなりません。



必ず、カラーをブラシに取った後は手の甲で量を調整して、塗りムラが出来ないように気をつけましょう。



チークをいれる場所は、口を閉じてニッコリと笑った時に1番高くなる頬の部分を支点に、こめかみに向かって斜め上に直線的にいれてください。



また、先ほどの支点から今度は真横に外側にも入れていきます。
これにより、肌の血色アップと、ハイライトとは別のアプローチで顔の立体感を得る事ができます。



チークを入れる箇所を表したイラスト画像
▲チークを入れる箇所


チークを入れる順序は諸説ありますが、ベースメイク後、フェイスパウダー前に入れると、濃くなりすぎた場合の調整とチークの持ちが良くなるのでオススメです。



井川遥になれるアイメイクの方法


井川遥の目元アップ画像
▲クールなのに優しげな印象の魅力的な目元


井川遥さんの様な優しげでクールな目元を作るポイントは、「主張しすぎないアイシャドウの色選び」と「アイライナーの引き方」の二点です。
では、ここからその重要ポイントを順に解説していきたいと思います。



まず、肝心なシャドウの色選びですが、昨年末に大流行した【ベージュ+カーキのアイシャドウ】が日本人の肌色にも合いとてもオススメです。



ルナソル ヴィヴィッドクリアアイズ画像
▲日本人の肌色によく馴染むカーキ+ブラウンのアイシャドウ
ルナソル ヴィヴィッドクリアアイズ カーキベージュコレクション


アイホール全体にベージュ系のベースカラーを入れた後、目のキワから二重幅にカーキを入れてチップでぼかしていきます。


下瞼も同様に、ベースカラー、目のキワにカーキと入れいくのですが、その際、ベースカラーは多少オーバー気味に、逆に、引き締め色であるカーキは細めにと、主張しすぎないように注意してください。



井川遥風アイメイクにおいてベースカラーを入れる箇所を表したイラスト画像
▲ベースカラーは上瞼、下瞼ともにアイホール全体に入れる


井川遥風アイメイク カーキカラーを入れる箇所を表したイラスト画像
▲引き締め色であるカーキは二重幅に入れる


次に【リキッドアイライナー】で、目のキワにごく細くラインを入れていきます。



入れる場所は目頭から目尻までを均一に入れ、最後に少しだけ水平にはみ出します。


このはみ出しは特に、太くなり過ぎないように注意してください。



井川遥風アイメイク アイラインを入れる箇所を表したイラスト画像
▲目のキワに水平にはみ出すのがアイラインのポイント


まつ毛は、自まつ毛をビューラーで充分立たせたあと、マスカラをタップリと塗って行きます。



つけまを使う場合は、目尻側を少しだけカットして、あくまで自然なまつ毛になるようにしてください。



マスカラは、木下優樹菜さんも愛用している、美容液成分入りで使うほどまつ毛が濃くなる【もてますカラ モイスチャー Lo】がオススメです。



眉メイクは、眉頭から眉山に向かってほんの少しだけ上がるようにして直線的に書き、眉山から眉尻までは少し下げるように書きます。
気持ち眉山が外側にいくように書くのが井川遥さんの眉メイクのポイントです。



井川遥風眉メイク 眉の形を表したイラスト画像
▲眉山を少し外側に書くのがポイント


井川遥のポッテリとしたセクシーな唇を作ろう


井川遥の唇を集めた画像
▲セクシーで魅力的な井川遥さんのリップ


彼女の最大の特徴と言える、ポッテリとしたセクシーな唇もメイクで作ることが可能です。



その方法として、ポイントとなるのが下唇へのアプローチです。



まずは保湿出来るリップクリームをたっぷりと塗り、5分ほど置いてしっかりと潤いを与えます。



次にリップブラシにカラーを取り、左右それぞれ、口角から中心に向かって輪郭を取ります。



ここでのメイクポイントは、上唇は輪郭通りに、下唇は中心に向かってオーバー気味に輪郭を取ることです。


輪郭を取ったら、スティックで直接色を乗せていきます。



井川遥風リップメイク リップカラーを入れる位置を表したイラスト画像
▲下唇は中心に向かってオーバー気味に塗る


この時点で発色が悪ければ二度塗り、それでもうまく色が出ない場合は、リップコンシーラーで色を消して最初からやり直してください。

リップコンシーラーの使い方は【こじはるになれるメイク方法】で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてみてください。


小嶋陽菜の唇アップ画像
▲リップメイクが凄いこじはるのメイク方法

最後にリップグロスでぷっくり感をアップさせます。
グロスは、上唇上部中心に少し、下唇は中心に多少大きめに乗せ、ほんの少しだけ左右に広げて馴染ませていきます。

グロスが唇からはみ出してしまうと、途端に下品な仕上がりになってしまうのでオーバーしないように注意してください。



井川遥風リップメイク グロスの位置を表したイラスト画像
▲上唇は小さめ、下唇は大きめに


また、カラーとグロスの関係性は、カラーが濃い場合はグロスは薄く、逆にカラーが薄い場合はグロスは濃く、といったようにトータルで色のバランスを調整することがとても重要です。



今回の「井川遥になれるメイク方法完全解説」はいかがでしたでしょうか?
メイクはもちろんですが、あの美肌感を得るためには日々のスキンケアもとても重要です。
下記リンクの芸能人のスキンケアまとめ完全解説を参考に、井川遥さんのような美しい赤ちゃん肌を手にいれましょう。






「いいね」や「ツイート」などしていただけると、今後の研修の励みにとてもなります。
よろしければお願いいたします。






| ホーム |
Page Top↑

人気記事ランキング

コスメランキング

今売れてる コスメ
リアルタイム BEST10!!